ペット保険選びのポイント

ペット保険はペットの治療を目的にしていますが、生命保険会社では取り扱いがありません。
ペット保険を取り扱っている保険会社は、損害保険会社と少額短期保険会社の2種類になります。

この2つの会社の違いは名前の通り、扱う保険の保障額と保証期間が異なることも大きな特徴の1つですが、万一保険会社が破たんした場合の扱いが異なります。
損害保険会社の場合、万が一破たんした場合も最低8割の保険金は補償されますので安心ですが、少額短期保険会社の場合、契約が途中で終了してしまう場合がありますので注意が必要です。

また、保険会社によって、加入対象としているペットの種類が異なりますので、あなたのペットが犬、猫でない場合、特に注意が必要です。たとえ、対象となりやすい犬や猫である場合も、年齢によっては加入できない場合があります。
そして犬種や体重によって保険料も異なりますので、いずれのペットの場合も、保険加入出来る動物かどうか、ペットの種類や年齢で大きく変わる保険料を必ず確認してから加入しましょう。

ペット保険は人間の健康保険と違い、治療費の負担割合が保険種類によって大きく異なりますので、こちらも必ず確認してください。また、ペット保険の場合、契約開始から一定期間保障されない待機期間が設けられていることも多いので、事前に注意が必要です。
人間の生命保険選びとは気を付けるポイントが異なりますので注意しましょう。